当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

これまで予防接種費用の一部を助成していた、ヒブ及び小児用肺炎球菌ワクチンについて、平成23年1月から全額助成(窓口負担なし)とし、助成対象年齢も5歳未満まで拡大しました。

どんなワクチン?

どちらも細菌性髄膜炎を予防するためのワクチンです。細菌性髄膜炎は診断が難しく、対応が遅れると後遺症が残るなど予後が心配な病気です。

ワクチンにより大部分の細菌性髄膜炎を予防できると期待されています。

また、小児用肺炎球菌ワクチンは、肺炎や中耳炎の予防効果も期待されています。

助成内容の変更点

項目 変更前 変更後
対象 2ヶ月~2歳未満 2ヶ月~5歳未満
窓口負担 ヒブ 5,500円
小児肺炎球菌 9,500円
なし
なし
助成方法・内容 申請後金券にて助成
ヒブ 3,000円
小児肺炎球菌5,000円
自己負担なし
全額(5,500円)
全額(9,450円)
助成対象医療機関 町内・町外問わず 原則町内医療機関のみ

※接種を希望する場合は必ず医療機関に予約をしてください。(予診票は医療機関にあります)

接種回数

接種開始年齢(月齢)により異なります。

ヒブワクチン

接種開始の年齢 接種回数 接種スケジュール
生後2ヶ月~7ヶ月未満 4回 3~8週間隔で3回
3回目の1年後に追加接種1回
生後7ヶ月~12ヶ月未満 3回 3~8週間隔で3回
2回目の1年後に追加接種1回
満1歳~5歳未満 1回 1回のみ

小児用肺炎球菌

接種開始の年齢 接種回数 接種スケジュール
生後2ヶ月~7ヶ月未満 4回 4週(中27日)以上の間隔で3回
生後12ヶ月~15ヶ月に追加接種1回
生後7ヶ月~12ヶ月未満 3回 4週(中27日)以上の間隔で2回
2回目から60日以上の間隔で追加接種1回
満1歳 2回 1回から60日以上の間隔で2回目
満2歳~5歳未満 1回 1回のみ

※詳細は保健師や医療機関へご確認ください。

平成22年12月までにヒブワクチン(平成21年10月以降)・小児用肺炎球菌ワクチン(平成22年7月以降)を接種された方へ

金券での助成申請は平成23年12月までです。

印鑑、領収書を用意し、役場の健康担当の窓口に申請してください。