ほべつメロン

ほべつメロンとは

「ほべつメロン」は夕張から旧穂別町に移り住んだ小林勇氏が、夕張産のキングメロンを上回る糖度と果肉の厚いメロンの試作に成功し、出荷した1972年が始まりです。

初夏の強い日差しと夜の涼しさとの温度差が「ほべつメロン」の熟成を助け、糖度の高い、甘くて柔らかい実が出来あがります。
品質を保つため1株から4個だけ選定して丹念に育てて
います。

香りと高い糖度、大玉でネットの美しさが特徴で、96年に農林水産大臣賞を受賞しています。

ほべつメロンに関するリンク

JAとまこまい広域