当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

北海道胆振東部地震から1年

 支援を力に 力を形に 未来へ

 昨年9月6日午前3時7分突然の激しい揺れにより、大きな災害となった北海道胆振東部地震から今日で1年を迎えます。この地震により犠牲になられた方、ご遺族の皆様には心から哀悼の意を捧げます。

 また、地震発生により被害に遭われた多くの町民の皆様には、これまで復旧に向け懸命に取り組んでこられたことに敬意と感謝とともに、改めまして衷心よりお見舞い申し上げます。

 この一年間を振り返ってみますと、地震発生の直後から国や北海道、道内外の関係自治体、自衛隊をはじめとする関係機関、さらに全国各地から駆けつけ、被災地、被災者のために様々な支援活動に向き合っていただいたボランティアの方々など、本当に多くの皆様からのご支援ご協力、ご助言により、避難所運営や家屋の片付け、支援物資の供給など、震災初動時からむかわ町と町民皆様に大きな力をいただきましたこと、深く感謝申し上げます。

 現在、むかわ町は被災された町民の皆様の生活再建に向け、復旧から復興へ歩み始めており、それを加速し推進するため、本年7月に震災を受けて得た経験や教訓を基に「むかわ町復興計画」を策定いたしました。

 この計画は、単に震災前の状態に戻すのではなく、まちの将来像「人と自然が輝く清流と健康のまち」を基本に町民皆様と行政が力を合わせて、今後も将来に不安のない生活をおくることができるまちづくりを進め、「むかわの底力」により、未来につなぐ創造的復興・創生を目指していくものです。

 町民の皆様におかれましては、いまだ生活再建の真っ最中という方や将来の見通しに不安を抱える方など、大変厳しい環境の中におられることと思いますが、復興計画の具体化により、生活再建を最優先に、一日も早く日常生活を取り戻していただくために、今後も職員とともに全力で本町の復旧・復興・創生に向けて取り組んでまいります。

 終わりに、この一年余震などによる揺れにより、不安を覚える方も多くいらっしゃると思いますが、どうぞ、日頃から身を守るための点検や避難行動への意識など、防災をより身近に日常の備えに心がけていただきますよう改めてお願いを申し上げます。

 これからの町民皆様のご健康を願い、そしてご支援いただいている多くの皆様に改めて感謝とお礼を申し上げるとともに、今後も本町の発展にお力添えを賜りますよう宜しくお願い申し上げます。


 令和元年9月6日

                        むかわ町長 竹中喜之

ようこそ むかわ町へ

ようこそ むかわ町へ

“人と自然が輝く清流と健康のまち むかわ” へようこそ

<むかわ町を訪れる皆様へ>

むかわ町は、道央圏の南方に位置し、札幌市や空の玄関・千歳市、海の玄関・苫小牧市にも近く、東西及び北部は日高山脈系に囲まれ、南は雄大な太平洋に面し、全国でも屈指の清流度を誇る一級河川鵡川がまちの中心を縦走しており、豊かな自然環境に恵まれた風光明媚なまちです。また、清流として名高い鵡川の水は、米どころとしても有名なむかわの米づくりをはじめ、メロン、ししゃもなど様々な特産品を生み出しています。

 さらに時代を遡ると、中生代後期白亜紀に生息し、北海道の天然記念物に指定された首長竜「ホベツアラキリュウ」の化石をはじめ、海と陸の古生物化石が多く発見されています。中でも、穂別地区で発見されたハドロサウルス科恐竜「むかわ竜」の化石は、日本最大の恐竜全身骨格化石として大きな話題を呼んでおり、本町ではこれらの貴重な化石を活かしたまちづくりを進めております。

 観光では、春に鵡川橋上流の河川敷にたんぽぽの花が咲き誇る「たんぽぽ公園」や、秋には山の紅葉と水面に映り込んだコントラストが美しい穂別ダムなど、四季折々に彩る名所をお楽しみいただけます。また、かつて森林造材が盛んだった頃の原木流送を再現した競技や花火大会で賑わう「流送まつり」や高品質の地元食材や旬のグルメなどを堪能できる「むかわグルメフェスタ」など、豊かな自然や多彩な食のイベントも多く開催されます。

 このような歴史、文化、観光など、むかわ町の魅力に触れていただき、一度ならず二度三度と足を運んでいただくことで、訪れる皆様と関わりを深め、関係・関心人口に着目してむかわ町の「ファン」を増やしたいと思います。そのために、まちの魅力とおもてなしの心に磨きをかけながら、皆様のお越しを楽しみにしております。



<むかわ町民の皆様へ>
 むかわ町は、平成28年に合併10周年の節目を迎え、人と自然が輝く清流と健康のまち」の宣言を行い、むかわ町民憲章を制定しました。これまでのまちの礎を築いていただいた先人の皆様の努力と功績に敬意を表するとともに、このまちの歴史や文化を再認識し、新たな一歩を踏み出したところであります。

 平成30年度は、むかわ町まちづくり計画が8年目を迎え、計画期間も残すところ2年となることから、計画の見直しに着手する年になります。まちの将来像に掲げました「人と自然が輝く清流と健康のまち」の実現に向けて、より効果的な施策を効率的に実行するとともに、これまで実施してきました施策をさらに深化させていかなくてはなりません。

 また、地方創生につきましては、(1)恐竜ワールド構想で「まち」を耕(おこ)す、(2)子育てと健康長寿で「ひと」がつながる、(3)夢をかなえる「しごと」で産業を興す、を基本戦略として、むかわ町が持つ魅力ある地域資源を最大限に活かしながら、人口減少社会においても将来にわたって安定した活力あるまちを目指し、より一層加速してまいりたいと考えておりますので、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

       
                                                     むかわ町長 竹中 喜之
 

 
 

 

主な略歴等

年月 略歴
昭和28年6月 大分県別府市で出生
昭和51年3月  北見工業大学卒業
昭和51年4月
~平成11年1月
鵡川町役場勤務
平成11年5月  鵡川町議会議員初当選(以来4期連続当選)
平成18年5月
~平成25年12月 
むかわ町議会議長
平成26年3月 むかわ町長就任(現在、2期目)


  任期    
平成30年3月23日から平成34年3月22日  
  趣味
   ノルディックウォーキング、笑いヨガ
  好きな言葉   ありがとう



コラム-笑顔の窓-

町長スケジュール

■ 予定一覧

交際費