2019年12月以降、中国湖北省武漢市において、新型コロナウイルス関連肺炎の発生が継続的に報告され、中国を中心に、複数の国で報告されています。

 感染拡大を防ぐため、次の内容にご留意ください。

 

湖北省から帰国・入国される方

 湖北省から帰国・入国される方で、せきや発熱(37.5度以上)などの症状がある場合には、マスクを着用し、事前に医療機関に連絡してから、受診していただきますようご協力をお願いします。

 

新型コロナウイルスに関連した肺炎の感染予防対策

 一般的な衛生対策として、風邪やインフルエンザと同様に「こまめな手洗い」、「人混みでのマスク着用」をお願いします。

 せきや鼻水、のどの痛みなどの呼吸器症状がある場合は、マスクを着用するなど、せきエチケットを徹底しましょう。

 

住民や関係機関などの新型コロナウイルスに関連した肺炎に関する健康相談窓口

 住民や関係機関などからの健康相談は、最寄りの保健所(苫小牧保健所/電話0144-34-4168)で対応しています。

 

北海道から道民のみなさまへのお知らせ

    PDF 北海道から道民のみなさまへのお知らせ

 

関連リンク 

  ・北海道公式ホームページ「新型コロナウイルスに関連した肺炎について」(外部リンク)

  ・厚生労働省公式ホームページ「新型コロナウイルス感染症について」(外部リンク)

 

お問い合わせ先

  ・健康福祉課保健介護グループ  電話 0145-42-2415

  ・地域振興課健康グループ    電話 0145-45-3326