9月1日から秋の農作業安全運動強調月間が始まっていますが、今年度8月末までに

8件の死亡事故が発生しており、その原因の多くは農業機械によるものです。

これから収穫最盛期を迎えるにあたり、農作業事故にご注意ください。

〇農耕用作業車を運転する際は、

 ・傾斜のある法面等では、横転事故に注意する。

 ・路肩への寄りすぎに注意する。

 ・安全キャブやフレームを設置し、また、シートベルトを着用する。

 ・追突被害を防ぐため、低速車マークや反射材の取り付けに配意する。

〇軽トラックなど農耕用作業車以外の車を運転する際は、

 ・通り慣れた道路でも、油断せずに安全確認を徹底する。

 ・近距離であっても、万が一の事故に備えてシートベルトを着用する。

そのほか、以下のホームページを参考にしてください。

・北海道農作業安全運動推進本部HP(https://agr-anzen.jimdo.com/

・農林水産省HP(https://www.maff.go.jp/j/seisan/sien/sizai/s_kikaika/anzen/

・農研機構農作業安全情報センターHP(http://www.naro.affrc.go.jp/org/brain/anzenweb/index.html