鵡川村記念写真帖-表紙

 鵡川村記念写真帖は、明治28年にむかわ町の前身である、鵡川外七ケ村戸長役場の設置から35周年を記念して刊行されました。青色の錦布を使ったクロス張りの綴じ本です。鵡川村の部と似湾村の部からなり、当時の人物や町並み、家屋、産業の様子などが紹介されています。刊行年の昭和3年は、昭和天皇のご即位の年にあたり、10月1日と10月2日に開村35年記念祭が開催されました。鵡川外七ケ村は、鵡川村、井目戸村、萠別村、生鼈村、似湾村、累標村、穂別村、辺富内村の八ケ村で構成されていました。その後、明治45年に似湾村外3ヶ村が分離して、大正8年の二級町村制の施行により似湾村に改称します。また、大正4年には、鵡川村外3ヶ村が二級町村制の施行により鵡川村に改称。現在の鵡川と穂別の基礎が形成されていきました。


 92ページ/25.6cm×19.1cm/厚さ2.6cm


左上-鵡川市街

左下-似湾村役場庁舎

右上-穂別郵便局

右下-鵡川尋常高等小学校


 

鵡川村記念写真帖-分割データ1 (PDF)-9.04MB

鵡川村記念写真帖-分割データ2 (PDF)-8.23MB

鵡川村記念写真帖-分割データ3 (PDF)-8.63MB

鵡川村記念写真帖-分割データ4 (PDF)-8.55MB

鵡川村記念写真帖-分割データ5 (PDF)-6.23MB