当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

農作業事故に注意してください

 9月1日から秋の農作業安全運動強調月間が始まっているところですが、北海道内において、9月中旬にトラクターの横転等による死亡事故が4件、いずれも高齢者による死亡事故が相次いで発生するという、近年にない深刻な事態となっています。
 これから収穫最盛期を迎えるにあたり、特に、トラクターなどの農業機械系の事故が発生しますと重症度が高く、死亡につながる恐れがありますので、次の点に十分に注意してください。
 
・ほ場内で走行する時は、路肩に寄りすぎないよう注意し、ブレーキ装置を連結して走行してください。
・傾斜のある道路等では、特に注意が必要ですが、ヘルメットやシートベルトの着用と同時に、安全キャブや安全フレームを装備して安全の確保に努めてください。
・点検、整備、清掃をするときは、必ずエンジンを止め、油圧昇降装置をロックし、作業機の下に固定脚を入れ、作業機が降りないことを確認してから行ってください。
・トラクターで一般道路を走行する時は、後方の車両が気づきやすいよう、車体の後部に低速車マークや反射板シールを取り付けて、接触や衝突事故を防ぎましょう。

 安全対策に当たっては、北海道農作業安全運動推進本部、農林水産省並びに農研機構のホームページに掲載されている啓発資料を活用いただきますようお願いいたします。
                                      
                                       
北海道農作業安全運動推進本部HP
 https://agr-anzen.jimdo.com/
農林水産省HP
 http://www.maff.go.jp/j/seisan/sien/sizai/s_kikaika/anzen/
農研機構農作業安全情報センターHP
 http://www.naro.affrc.go.jp/org/brain/anzenweb/index.html

農耕トラクタ等の農道走行が可能になりました

農作業機を装着した農耕トラクタに対する保安基準の緩和に伴い、ロータリー等を装着した状態のトラクターが、一定の条件を満たした場合に公道走行が可能となりました。

なお、走行する場合については、周囲への方々への安全を第一に、注意して走行してください。

詳しくは、次のファイルおよび農林水産省ホームページをご覧ください。

直装型作業機付きトラクターパンフレット(PDFファイル)

農林水産省ホームページ