当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

妊娠届

 妊娠したかな?と思ったら、まず早めに病院を受診。出産予定日が確定したら、窓口へお越しください。母子健康手帳と妊婦一般健康診査受診票などを交付します。 また、保健師が妊娠・出産・育児などの相談にも応じます。お気軽にご相談ください。
 

母子健康手帳

 母子健康手帳には、妊婦健診の結果・出産の状況・お子さんの健診結果・予防接種の状況までが記載され、お母さんとお子さんの大切な健康記録となります。お子さんの成長を楽しみながら書き入れてください。成長してから、過去の状況を確認するために必要になることもあります。(万が一紛失された場合、再発行いたします。)

 

妊婦一般健康診査および超音波検査(エコー検査)

お腹の中の赤ちゃんは順調に育っているかな?お母さんの体に異常はないかな?妊娠によってお母さんの体も大きく変化しています。体調が良くても、定期的に健診を受けることが大切です。健診には毎回費用がかかりますが、むかわ町では健診の受診票を交付し、費用の一部を負担しています。妊婦一般健康診査受診票を利用することで、経済的な負担が軽減されます。

妊婦健康診査費還元事業

妊婦一般健康診査受診票を使用した健診で自己負担があった場合、子育て支援CARDにポイント還元し、500ポイントごとにむかわ町金券と交換することができます。(健診にかかる費用のみ・ポイント還元は出産後1年まで)詳細はご相談ください。

マタニティマークをご存知ですか?

妊娠中は、赤ちゃんの成長はもちろん、お母さんの健康を維持するためにとても大切な時期です。特に、妊娠初期は、外見からは妊婦さんであるかどうか判断しにくい事もあります。
 マタニティマークは、身につけることで、周囲に妊婦であることを示しやすくするものです。

シールを貼っている方を見かけたら?

現在、母子手帳とマタニティマークを窓口にて配布しております。妊産婦に優しい環境をつくるため、マタニティマークを見かけたら思いやりのある気遣いをお願いします。
         電車・バスなどでは、優先して席をゆずる
        近くでの喫煙は控える
         お手伝いしましょうか?の優しい一言などをお願いします。

妊婦訪問

 初めての妊婦さんのお宅に、妊娠8ヶ月頃、保健師が家庭訪問をします。  第2子以降でもご希望の方はご連絡ください。

不妊治療助成事業について

むかわ町では、不妊治療費に対して助成を行っています。
  不妊治療の助成事業→こちら
      

妊娠したかも・・・どうしよう・・・

  妊娠に不安や戸惑いを感じている方、一人で悩まないでください。
    相談できる窓口があります。リーフレットをご覧ください→こちら

 

大人の風しん予防接種について

風しんは、妊婦(特に免疫のない女性)が妊娠初期に感染すると、生まれてくる赤ちゃんに難聴・心疾患・白内障・精神や身体の発達の遅れ等の障がい(先天性風しん症候群)が出る可能性があります。
 むかわ町では、妊婦への感染防止と先天性風しん症候群などの発生を予防するため、風しん予防接種にかかる費用を一部助成しています。
 対象は、19歳以上49歳以下の男女または妊娠している女性の夫(むかわ町に住所を有する)です。 詳細はお問い合わせください。
    ※妊娠中の女性は接種できません
    ※女性の方は、接種後2ヶ月は妊娠を避ける必要があります。

担当課

本庁 (鵡川地区)
健康福祉課 保健介護グループ (電話番号 0145-42-2415)
総合支所 (穂別地区)
地域振興課 健康グループ (電話番号 : 0145-45-3326)