寄附金控除上限額が約2倍になりました。

自治体に対してふるさと納税をすると、ふるさと納税額のうち、2,000円を超える部分について、一定の上限まで所得税や住民税から控除されます。

  この上限額が今までの2倍となりました。

  なお、平成27年1月1日以降のふるさと納税から対象となります。

※実際のふるさと納税枠は収入や控除のあり方により、個人毎に異なります。詳しくはお住まいの市区町村にお問い合わせください。