穂別博物館展示の紹介
穂別化石地質時代
地質時代と穂別産化石が産出する地質時代(pdf)
 むかわ町穂別地域からは中生代白亜紀後期と新生代の化石が産しています。穂別地域は古くから白亜紀のアンモナイトやイノセラムス(二枚貝)が産することで有名でした。博物館開館の契機となった首長竜ホベツアラキリュウが発見されたのも白亜紀の地層からです。アンモナイトなど白亜紀の古生物に人気があり、収集の対象になることが多いためか、この時代の化石が収蔵・展示資料の中心となっています。